英語と日本語の音の違いについて知る

MENU

英語と日本語の違いについて知る

なぜ日本人は英語が苦手なのか?という疑問は常に思い浮かぶことがあるかも知れませんが、決定的なのは音の違いがあるからです。
日本語は音が低く、英語は音が高いのです。
低いか高いかでなぜ苦手になるのかと言うと発音をする為には聞き取ることができなければならないからです。
つまり発音を聞き取ることができれば英語はできるようになるのですが、英語は高い音なので低い音に慣れている日本人は英語の発音を聞き取るのが苦手なのです。
その為発音も苦手になってしまい結果的に英語が嫌いな人が多い傾向にあります。
ですので日本人だから英語は苦手というのはあながち間違っていないです。
ではどうすれば英語ができるようになるのかを考えてみましょう。
聞き取ることができないがために英語が苦手になってしまうのであれば先に英語を聞き取る力を身に着けることができれば英語の苦手意識を極力少なくすることができるようになるでしょう。
学校などの英語の勉強方法は単語を重点的に勉強をしていたと思いますが、あの勉強方法は受験などに受かるための勉強方法ですので、英語を実践的に使うことを考えるのであればあまり得策とは言えません。
むしろ膨大な単語を覚えるために時間を費やすのであれば、聞き取る力を先に身に着けることを優先することを考えた方がよいです。
今ではいろいろな英語教材もある世の中ですのでリスニング力を高めるものをピックアップして自分に合った英語教材を利用して英語を勉強することに専念をしてみてください。
英語は慣れるまでがとても大切です。
慣れることができればあとは続けるだけですので焦らず自分のペースで丁寧に勉強をしていくことを考えていきましょう。
英語ができるようになるだけでとても自信を持つことができるのです。

 

黒いスーツの男性