TOEICの勉強をする

MENU

TOEIC英語勉強方法について

英語の資格試験としてTOEICの資格がありますが、主に大手企業に就職をする際の指標として〜点以上などとよく書かれていることがあります。
つまりTOEICで良い点数を取ることができれば就職がそれだけ有利になりますし、どんどん視野を広げていくことが可能になるのです。
そのため、学生はTOEICの資格を受ける人が多いです。
そんな魅力的なTOEICの資格ですが、もちろん攻略方法はあるので少し紹介をしていきたいと思います。
まずTOEICとはどのような試験なのかを説明します。
TOEICには合否がありませんが、点数があり、990点満点です。
もちろん点数が多ければ多いほど英語を理解していると判断されます。
英語初心者は大体400点程とることができればよいと言われていますが、もちろん就職などで使うことを考えるのであれば最低でも700点以上は欲しいと考えられます。
TOEICの試験の解答方法はマークシート方式で4択の中から正解を選んで答えます。
試験時間は2時間です。
このように見てみるとあてずっぽうで答えても正解することが結構あるのではないかと思いますが、それよりも時間との勝負となります。
特に高得点を稼ぐことを考えるとなると時間がとてもではありませんが足りなくなります。
TOEICは時間との勝負となります。
特に大事なのは先読みをすることができるようにならなければなりません。
リスニング問題などアナウンスがありますがそれよりも先に答えを予想して問題に答えます。
これで時間稼ぎをし最後のセクションの長文読解の時間を稼ぐことが主流となっています。

TOEICで点数が高い人は英語の理解力があることはもちろんですが、このように時間もフルで使えるように工夫をしていることも念頭に入れておくべきです。
これからTOEICの試験を受けてみたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

黒いスーツの男性2